代表弁護士の紹介

 

こんにちは。 MK Law代表弁護士マイケル・キムです。私はニュージーランドの政府傘下移民局(Immigration New Zealand)からの移民審査官に勤務したことのあるオークランドの移民専門弁護士です。

移民局の審査官として勤務時、複数のカテゴリーの永住権ケースを審査し、また、雇用者と永住権の申請移民の勤務地を訪問し、勤務状況をチェックする業務を担当しました。

当時の責任者として業務を遂行しながら、常に残念に感じた点は、技術移民のカテゴリーで必要とされる職務を十分に分析し、反映していないまま永住権を申請したため、申請者が十分に業務遂行能力を持っているにもかかわらず、「Skilled employment 」の要件を満たしていないことができず、永住権が棄却された事例を多く接したことです。

また、不正確な移民情報に依存したり、または悪意のある移民代行業者に移民業務を一任したが、移民局から間違っ不法行為をしたものとみなす風に本人と家族に不幸な結果をもたらした事例も多くの経験しました。

私は移民局職員として培ったこれらの経験と知識をもとに、ニュージーランド移民社会の量的発展に寄与するために、ここオークランド法学部を卒業し、弁護士任用を経て移民法専門弁護士として活動することになりました。

私はいつも法律的専門性を維持するために、移民法と雇用法と刑事法の分野だけで事件受任を受けています。特に移民法の分野の専門知識は、ニュージーランド法曹界で認められ、現在オークランド弁護士協会移民/難民の小委員会の正式メンバーに任命され、ニュージーランド移民法や規制の施行問題を公論化し、改善するために、に参加しています。

移民専門弁護士として活動する弁護士が多いが、自分の本当の専門知識は、受任を引き受けた業務分野の様々な経験と顧客の法的利益を口頭と書面でどのように十分に代弁することができるにかかっていると見ることができます。

私は移民局から移民局職員に勤務した経歴と弁護士任用後移民関連業務だけを重点的に扱いして得たKnowhowをもとに、顧客の立場をきちんと代弁することができる専門性を備えています。だけではなく、ニュージーランド移民協会、ニュージーランドのオークランド弁護士協会が主管する教育やセミナーに定期的に参加することにより、変化する法律的環境に有機的に対応しています。

私は移民法のほか、移民社会で一度や二度した雇用関連の事件を受任受け取って処理した経験を持っています。また、飲酒(家庭)暴力、Protection order控訴などの法定事件を受任受け正常に処理された経験を持っています。

私は以下のような多くのニュージーランド専門機関のメンバーです: